筆まめではないけれど!

ただのゲーム好きがちまちま書くかもしれないゲームのおはなし。

  • 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

趣味ですよ!趣味!

皆さんもう
劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』はご覧になったでしょうか?

私めはすでに2回見てきました。
人って同じものを2回見ても涙は出るんですね。
むしろ1回めよりも2回めのほうが前が見えていなかった時間が長かったと思います。

アニメも素晴らしかったですが、
今回の映画は昔からのPの方々やLIVE経験者の方に深く突き刺さるストーリーだったと感じました。
リアルとリンクして長年の努力のお陰で大きい箱でLIVEができる765プロメンバーと
そのダンサーとして参加する駆け出しのアイドル達。
その2勢力が確執ありきのライバルではなく765プロの過去と現在としての対比、
または、新しい世代への期待という終点としてではなくアイドルマスターの通過点として描かれていると感じました。

ああ、思い出しただけで涙ががががががが。

映画は6週連続で特典がありますので、私は6回見るの確定なのです。
6回見てから一番最初に買ったパンフレットを読んでみたいと思います。
皆様も是非一度でいいので劇場まで足を運んでいただければとおもいます。

では、Pの皆様、劇場の次はSSAで彼女たちを応援いたしましょう。
さーて、M@STERPIECE聞き込みますよー!

いおりんは常に天使であり正義!我らがいおりんの光を全国に!
スポンサーサイト
  1. IM@S
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<そろそろ終わるんじゃよ | BLOG TOP | 復帰とは何だったのか・・・?>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


      

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。